ディーコーヒー

記事一覧(45)

焙煎について(1)

焙煎とは焙煎(ロースト)とは加熱方法のひとつで、油や水などの媒体を介さずに食材を加熱することです。要するに「煎(い)る」ことです。当店は、コーヒー屋ですのでコーヒー豆を焙煎していますが、節分の大豆や胡麻、アーモンドなどのナッツ類、香辛料、チョコレートの材料になるカカオ豆なども焙煎されたものがあります。ここでは、コーヒーの焙煎についてみていきます。コーヒーの焙煎コーヒーの焙煎は、生豆を加熱することで化学反応を起こさせ、コーヒーらしい味や香りを放つ成分に変化させることです。この加熱の方法や時間によって焙煎の度合い(焙煎度)を調整し、風味や香味、味(例えば苦味の度合など)を作っていきます。焙煎度について焙煎度は、一般的に浅煎りから深煎りまでを8段階に分けて表示しています。この焙煎度によってコーヒーの味は異なってきます。自分好みの焙煎度を知ることで、より自分に合ったコーヒーを選ぶことができるようになるのため、コーヒーを選ぶ楽しみも広がると思います。焙煎度は浅煎りの方が酸味があり、深煎りになればなるほど、苦味が強くなります。 焙煎の段階焙煎の度合いが8段階あると書きましたが、 焙煎の進み具合によって区分されます。同じ豆でもこの焙煎度合いにより違う味になります。また、大まかに区分すると「浅煎り」「中煎り」「深煎り」の3つに分けることもあり、当店では下記のようにマッチさせています。このマッチングは店や焙煎士さんごと微妙に異なることもあり、中深煎りが設定されていたり、ミディアムローストが浅煎りであったり、フルシティローストが深煎りでなかったり、などです。