店舗看板

「看板はお店の顔」などとネットで見かけるたび当店はノッペラボウなんだなーと…。ネームプレートを壁に貼ってOPENプレートを吊るしておりました。プレートを吊るしている木枠は、開店当初から看板にするつもりで立てていたものです。

 

もうすぐ1年になろうかというのに看板がないのはどうかと思い、重い腰を上げて看板作成に入りました。まず、ベースの板は余っていたフローリング用の合板を使うことにしました。再利用再利用。

必要サイズ(w=500mm)に丸ノコでカットです。そこに反射カッティングシートでロゴや店舗情報の文字を切ってもらい、貼り付けました。屋外で雨ざらしになるので、カッティングシートを貼った上から防水用のクリアラッカーを吹き付けています。

木枠に取り付けました(ちょっと木枠の位置も変えました)。しかし、まだ完成ではありません。

完成形はコレだ!間違い探しのようですが、”OPEN”プレートをアルミ複合板で作成してもらったので、装着して今度こそ完成になりました。閉店後はプレートをはずすので、上の写真のように”営業時間”という文字が表示されます。


看板ついででもう一つ。Fultonのソーホース金具を入手したので、2x4材を使って屋外用の案内看板も作成しました。

案内板は1x6材、文字は2㎜MDFをレーザーでカットした切り文字です。青ベースに白文字にして爽やか(?)イメージに!

脚の固定はΦ35×50mmの細軸コーススレッドで前面のみを固定して、一応脚のたたみができるようにしています(ウマとして強度がいる場合は全部固定したほうがいいのかな)。脚の色は黒、梁の色は白でシンプルな色味の本体と青ベースの案内板が、自分ではなかなか気に入っています。

D珈琲(Dcoffee)

自家焙煎したスペシャルティコーヒー豆を販売しています。 朝の目覚ましに、ホッと一息するときに、 もうひと踏ん張りがいるときに、 そして一日のご褒美に "コーヒーを飲みませんか?" - dcoffee -

0コメント

  • 1000 / 1000